読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も楽しく生きていこう~

なぜ?私はこうして生きてるのだろう?辛くて悲しい事ばかりだったどん底の10年前から楽しく生きられるように、自分で生れて来たことが楽しめるようになった、その素敵なヒントをくれた素敵で分かりやすいちょっとびっくりなメッセージを一人でも多くの人に広めたい!と言うブログ。それと私の好き勝手な思いも綴ります。

あなたが大切にしているものは本当にあなたが大切にしたいこと?~アシュタールからのメッセージ~

自分の価値観とか こうした方がいいと思うこと

ポリシーみたいなこと

人に対しての言動や 自分の考え方 

守りたい大事と思うこと 大切なこと


本当に私自身が ハートから望むことと

どれほど一致してただろうか


今の私と 6年前の私では 大切だと思うことが

だいぶ変化していると思う

そういうものだと疑わず 大切なことだと思いこんで

しなきゃいけないと思ってたこと

みんながするから 自分も ってこと

沢山あったなぁ

 

なぜ大切に受け継いでいるのでしょう?・・byアシュタール!|ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

 

先日 メルマガで書きました サルの話に関して

アシュタールがメッセージをくれました。


サルの話を もう一度転載しますね。

<ここから>

海外のビジネス系ブログやセミナーなどで話題となり

日本でも紹介されたある実験があります。

ある生物学者のチームが、猿を使って行ったものです。


1.5匹の猿を檻に入れます。檻の中央にハシゴを設置し、

  その上にバナナを置きます。


2.この檻には、1匹の猿がバナナを求めハシゴを登ると、

  残り4匹の猿に冷たい水が浴びせられるという装置が取り付けられています。


3.しばらくすると、5匹のうちの誰かがハシゴを登ろうとするたび、

  残りの猿たちがよってたかって攻撃し、ハシゴを登ろうとする猿を妨害しだしました。


4.やがて、どの猿もハシゴに登ろうとしなくなりました。

  相変わらず、ハシゴの上にはおいしそうなバナナがあるのに…


5.この状況で、1匹だけ猿を入れ替えます。

  新しい猿(新入り1号)は、バナナを見つけてハシゴにまっしぐら。

  もちろん、残りの猿たちはこれを許さず、コテンパンに虐めます。

  これを何度か繰り返していくうちに、新入り1号は、その理由もわからないまま、

  ハシゴを登らなくなります。


6.再び、古参猿のうち1匹を入れ替えます。

  ちょっと前に痛い目をみていた新入り1号は、

  ハシゴに登ろうとする新入り2号を虐める側に回ります。

  こうして古参猿を1匹、また1匹と入れ替えていくのですが、

  そのたびに猿は同じ行動を繰り返します。


7.最後には、檻の中にいるのは新入り1号から5号まで。

  どの猿も、冷たい水をかけられた経験はありません。

  しかし、ハシゴに登ろうとする猿をみんなでとっちめる、

  という行動はそのまま残り、継承されています。


8.猿たちに「どうしてハシゴに登る子を虐めるの?」と質問したなら、

  きっとこう答えるでしょう。

  ……「わからない。でも、ここではそうするのがきまりだから」

 

<ここまで>


では アシュタールのメッセージをお伝えします。


「こんにちは^^ こうしてお話しできることに感謝します

人は 小さなころから教えられてきたようにしか 

教えることはできません。

親から教わったことを そのまま素直に受け入れ それが正しいと思い

そして その教えを子供にも教えていくのです。

何代も前に決められた 古くなってしまって 今この時には合わなくなっている

しきたりや教え 常識なども 何の疑問を持つことなく

大切に受け継いでいることがたくさんあります。



そこに自分で疑問を持たない限り そこから出ることは

出来なくなります。

なぜ こういうしきたり、常識 といわれるものがあるのか・・

疑問を持つことなく 親から子へ 子から孫へと受け継がれていくのです。


どうぞ ちょっとだけ 小さなことでもいいですので あなたのハートが

???って思ったら そのままにせずに 疑問を持ってください。

なぜ 自分は そう考えるのか?

なぜ それが正しいと思うのか?

それは 誰が決めたのか?


小さなところから 疑問を持つようにしてください。

疑問を持つ・・これが 真実にたどり着く大きな道しるべになります。

疑問を持つことで 親や世間から教えられ 受け入れてきたものではない 

自分の真実を知ることができます 

そうすると 違う視点で物事を見ることが出来るようになるのです。


何度も言いますが 5次元領域を思い出すための大きなカギは

物の見方 考え方を変えることです。

5次元領域という 他の空間が存在しているわけではないのです。

5次元領域は あなたの中に存在しています。

すでに あなたは5次元領域にいるのです。

ただ あなたの思考が 3次元領域の考え方から 抜けられないだけなのです。

3次元領域の 考え方にそっているために 3次元領域の現実を創造しているだけなのです。

あなたの思考を 5次元領域の思考に変えることが出来れば

簡単に 5次元領域を体感することになるのです。


しつこく言いますが(笑)・・

5次元領域という空間、場所はありません。

それは あなたの中に存在しているのです。

物の見方 考え方を変えてください。ただ それだけでいいのです。

それには 今まで教えられてきたことに対して 小さな疑問を持ち、

なぜ そうなっているのかの原因を しっかりと見つけてください。

原因が分かれば 手放すことが出来るのです。


ハートで感じる 小さな????を大切にしてください。

あなたに 愛と感謝 そして平和の光を送ります。」

 

 

サルのお話は 本当に 私たち人類に

置き換えることが出来ると思う

 

なんで?そんな事するんだ?

それを私はしたいのか?

 

テレビとか情報で 流行を作ったり 

ニュースで事件や 世界の情勢を報道したり

振り回されてることに気づかなかった

当たり前と そういうもんだと思って 

疑うことを知らないでいた

 

いろんなことを 少しずつ知って 体験して

自分の真実を 自分でしっかりと判断することを

取り戻してきている

 

 

f:id:Trinityluce:20151117154132j:plain