今日も楽しく生きていこう~

なぜ?私はこうして生きてるのだろう?辛くて悲しい事ばかりだったどん底の10年前から楽しく生きられるように、自分で生れて来たことが楽しめるようになった、その素敵なヒントをくれた素敵で分かりやすいちょっとびっくりなメッセージを一人でも多くの人に広めたい!と言うブログ。それと私の好き勝手な思いも綴ります。

今この瞬間困ってないから我慢しなーい!~アシュタールのメッセージから~

ある日のお寿司屋でのエピソードですが‥ 

 

その日は すごーく楽しくて 嬉しい一日だったけど 

帰ったら 疲れてたし もうカップラーメンでいいかなって

 

先に帰宅してた 同居人たち(娘と息子です)は ご飯を作る気皆無だしね

すると 息子っちが 寿司食べに行く? って

おれ 〇〇〇〇円しか財布にないから って言うもんで 

(ご馳走してくれるってことね🎶) 

じゃぁ 私も食べた~い と思ったので 行くことになりました

 

ところが どこの回転寿司に行くかという選択で

私の中に 小さな不安 葛藤?が 

お財布事情が‥ ‥ ‥ と なったのです 

一皿 100円均一とかの お店もいくつか近所にあるけど

どうせ行くなら 新鮮なネタの美味しいお寿司屋さんがいい

でも 3人で行くと 食べ盛りの二人は 平気で

20皿以上食べるし デザートも 間に挟むし‥ 

きっと足りないから 私がその分を出すとすると‥ ‥

 

どうする??

 

私の一番は やっぱり美味しいネタのお寿司屋さん

息子っちも 決めてるし

でも 今日の出費は大丈夫だろうかぁ? と

 

文章にすると 何行にもなりますが 

これ一瞬の思考の中での右往左往で

そして その不安からの思考に反射的に 

口をついて出た言葉が 

「いつもの調子でお皿積み上げないでね…」 でした困った

 

いざ お店で食べ始めて やっぱり凄く美味しくて

ネタも新鮮だけじゃなく 切り身がしっかり大きいし

ホントに美味しいから 味わって食べるし すごく満たされて 

量は多くなくても お腹がいっぱいになるんですね

 

値段を見ながら どれを食べるか迷ってる娘っちに

「一番食べたいのを選んだ方がいいよ 

  我慢すると 我慢の回路が開くから 食べたいの食べて」 って

 言ったら 

さっきと言ってることが違う  って息子っちに 笑われました

 

 

ハッ驚くと 気づかされましたね~笑

確かに~~って大笑いです

 

私も 小さなことから 大きなことまで

日々 いろんなことで 思考が揺らぐときはいくらでもあります

 

でも その都度 自分に聞くんです

 

どうしたい? 一番を選ぶならどうする? 

 今(この瞬間) 困ってないよね? って 

 

私自身 今 支払うお金がない訳じゃないし

息子っちが出してくれるし (結局全額出資してくれました!感謝♥akn♥

今この瞬間は なぁ~んにも困ってないのに

未来を不安がって 今を我慢したり 犠牲にするのは

楽しくないじゃないですか

 

本当に困った時 その時に考えて 対応すればいい 

その時も 我慢じゃなくて 困った中でもできる

最善の選択 知恵を絞って 対応をすればいいんですね  

 

これ やってみると 本当に理解できると思います

そんなの本当に困った時どうするんですか?!と

困った時のことを心配して 怖がって 

やってみないでいる人もいるんじゃないかと思うけど

 

信じない人は もちろんやらないだろうし

 

小さなこと 出来そうなことから 実践してみてください!

本当にね ひとつずつ 実践 行動していくと

なぁ~んだ こういうことかひらめき電球なるほど って 分ってきます

 

生きて この身体を持っている 今でしか

美味しい~~~と 味わって食べること出来ないですよね

カップラーメンだって 食べたい!と思うから食べますし

焼き魚だって 納豆だって ふりかけ 卵ご飯

いつでも なんでも その時一番食べたいもの

食べる話ばかりしてるけど どんなことでもなんでも そうです

どこへ行きたい 何をしたい 自分はどうしたいか 

一番を選ぶ ご機嫌さんを選ぶ 

 

選べない迷いがあるなら 無理に選ばず 今は選ばない と決める

タイミングというものがあるので それを待てばいい

そして その迷いは 不安からなのか

自分のハートの声に ちゃんと聴いてみましょう

 

だいたい 今 困ってないのに 自分で不安要素を並べて

まだ起きてもいないちょっと先の未来を心配してませんか?

ちょっと先の未来 じゃなくて ”今”です 

今 この瞬間 困ってないでしょ? って 自問してみて

足元を見てみてください

 

あ 100円均一のお寿司屋さんも もちろん美味しく戴いてます♥akn♥

値段だけじゃないですけどね 

お店の雰囲気とか 握る人の気持ちとか … …

 

アシュタールのメッセージ転載します

(ここから)

 

 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します

あなた達は、我慢することに慣れ過ぎています。

・・と言うより、我慢することを美徳とさえ思ってしまっています。

我慢することは美徳ではありません。


小さなときから、よく我慢したね、偉かったね・・と言われてきませんでしたか?

我慢出来る自分は偉い、我慢できた自分は良い子・・と思ってきませんでしたか?

悲しくても泣くのを我慢すれば、偉かったねと褒められ、痛さを我慢すれば、強い子だねと

褒められ、やりたいことを我慢して勉強すれば賢い子だと褒められ・・

常に我慢ばかりさせられてきたのです。


それは、大人にとって都合がいいからです。

泣かれるとめんどくさいから、泣くのを我慢すると褒める。

注射などの痛みを嫌がられたらめんどくさいから、強い子だと褒める。

誘惑に勝ち、勉強する(イヤなことをする)ことを褒めるれば、素直に勉強するようになるから。


すべて、大人?指導者?にとって、楽だからです。

そうして、あなた達は我慢することが美徳となっていってしまったのです。

我慢することが当たり前になり過ぎて、自分が我慢していることさえわからなくなって

しまっているのです。


そして、小さなころから・・人には優しくしなさい・・と教えられます。

それは、自分の欲求より人の欲求を満たすことを優先しなさい・・ということなのです。

自分も欲しいけど、でも人にそれを先に渡す・・そうすると優しい人だと、良い人だと

言われる・・だから、いつも自分は後回しになる。

それが当たり前になり過ぎて、自分が本当にしたいこと、欲しいものがわからなくなって

しまうのです。


都合のいい人を育てるためのミスリードなのです。

自分を常に後回しにして、人のために尽くす・・自己犠牲が出来る人が良い人で、賢い人で

素晴らしい人で、霊性の高い人・・という風に育てれば、支配者達にとってとても都合が

いいからです。

支配者(力の強い人)にとってはとても都合のいい考え方なのです。

みんなが自分のために我慢してくれるようになるからです。


わがままを言わない人、文句を言わない人が出来た人、良い人だと言われますが・・

それは、都合のいい人だということはわかりますね。

権力者(力の強い人、エネルギーバンパイア)にとって都合のいい人が、良い人であり、

優しい人であり、出来た人であり、賢い人であり、霊性の高い人と呼ばれ、褒められるのです。


自分を犠牲にしての優しさは、優しさではないのです。

対等ではありません。

それはある意味、脅されて差し上げているエネルギーです。

表現が難しいですね。

優しくない、自分勝手、自己中・・と言われたくないためにしている行為です。

そう言われたくなければ、我慢しなさい・・という脅しです。


それは、自分の中のエネルギーをどんどん失わせてしまいます。

エネルギー不足になってしまいます。

そうすれば、エネルギーバンパイアになって、今度は誰かにそれを要求するようになって

しまうのです。

自分の要求を満たしてくれない人に向かって、あなたは優しくない、自己中だ、自分勝手だと

いう言葉を投げかけるようになります。


そういう言葉を投げかけられたくないために、その人はあなたの要求を呑むようになります。

こうして、エネルギーバンパイアの悪循環がはじまります。

エネルギーバンパイア同士に優しさは生まれないのはわかりますね。

それは、エネルギーの奪いあいになってしまうからです。


自分が満たされて、エネルギーがたくさんあって、そしてそれを分けることが出来る・・

そしてはじめて人に何かをして差し上げることが出来るのです。

自分にエネルギーがなければ、人に差し上げることは出来ません。


自分が疲れ切っている時には、乗り物で人に気持ちよく席をかわってあげられないでしょ?

その時に、代わってあげる人が優しい人だからと言って我慢して代わってあげたらどうでしょう?

不満が残ります。

気持ちはよくありませんね。


でも、元気いっぱいの時は気持ちよく席を代わってあげることが出来ます。

優しい人になろうと思わなくても、座りたそうな人をみたら、気持ちよくどうぞ・・と

声をかけることが出来ますね。


伝わっていますでしょうか?

優しくしようと思うこと自体が、もう無理があるということです。

ご機嫌さんで、エネルギーがたくさんあるときは、そんなこと(優しくしよう)などと

いう考えはなく、ただ代わってあげたいと思うのです。


話しは逸れてしまいましたが・・

我慢することを美徳だと思わないでください。

我慢は、我慢なのです。

我慢はあなたからエネルギーを奪います。


我慢していることさえ認識できなくなってしまっているならば、いつも自分に聞くように

してみてください。

私はいま我慢していない?・・と。

本当にそれがしたくてしているの?・・と。


そして、ちょっとでも我慢していると思ったら、やめるにはどうしたらいいか考えてください。

そうすれば、我慢することが減ってきます。

我慢することが減ってくると、ちょっとした我慢でも自覚出来るようになります。


そうなると、我慢しなくなりますので、我慢の回路が開くことがなくなり、我慢する現実を

創造することもなくなります。

とても自由で、楽な現実を創造することが出来るようになります。


我慢を推奨する(我慢することが偉い)と教えているのは、支配者にとって都合がいいからだと

いうことを理解してください。

あなたたちが自ら我慢し、自己犠牲してくれれば、簡単にあなた達から搾取することが

出来るからです。


もう一度言います。

我慢は決して美徳ではありません。

あなたのエネルギーを失っていくだけなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 

転載先

世にも奇妙なフツーの話---フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

 

 

f:id:Trinityluce:20170816163449j:plain